【暮らしをシンプルにする】10のやめてよかったこと

ミニマリストの生活

こんにちは、ミニマリストのゆみにゃんです。

毎日、仕事・家事・プライベートなことに追われて部屋がぐちゃぐちゃだったり、脳みそがパンクしそうになっていませんか?

私はめんどくさがりやで、ずぼらなので、以前は部屋もぐちゃぐちゃで、頭の中もスマホの中身もぐちゃぐちゃ状態でした。

その生活から脱却するために、10のあることをやめてみたら、暮らしがとてもシンプルになり、時間や健康を手に入れました。

・週に家事はトータル30分に減少
・自由な時間が増えた
・脳みそも元気になった

今回は、シンプルな生活を送るために、やめた10のことを紹介していきたいと思います。

この記事を読めば、大変なことから解放され、シンプルな生活を送ることができるかもしれません。

▼この記事の動画版もあるので、もし動画で見たい方はこちらからどうぞ

暮らしをシンプルにするためにやめたこと10選

暮らしをシンプルにする、10のやめてよかったこと

1 毎日のお化粧

暮らしをシンプルにする、10のやめてよかったこと

基本的にお化粧はしません。YouTubeの撮影の時にお化粧をするくらいです。

この前、オフ会をした時に「毎日のお化粧が大変です」と相談をされたことがありますが、リモートワークが多かったり、外出時もマスクをつけるので、毎日お化粧しなくてもいいのではないかと思います。

私は眉毛はアートメークをしているので、眉毛がしっかりしているとお化粧していなくてもすっぴんに見られないです。
以前は、マツエクとサークルレンズもしていたので、お化粧していなくてもお化粧しているように見えていたと思います。

お化粧ってそもそも工程が多いですよね。

洗顔 → 化粧水、乳液、美容液など → 下地→ ファンデーション → パーツメイク

最終的にクレンジングも必要です。

お化粧すると、髪形も整えたりして、個人差はありますがトータル30分程かかります。

お化粧をやめると、手間が減るので時間に余裕が持てるようになりました。

朝の支度がとても楽です。

毎日お化粧をしている人が、お化粧をやめるということはとても勇気がいると思いますので、アートメークしたり、お化粧しなくてもすむように工夫してみるのをおすすめします。

2 毎日の洗顔、化粧水などをつける

暮らしをシンプルにする、10のやめてよかったこと

朝起きて、毎日泡立てて洗顔するのってとてもめんどくさくないですか?

化粧水、乳液、美容液・・・人によってはブースターやパーツごとに違うスキンケアをすることもあるでしょう。

私は手間なのでやめました。お湯で顔を洗って、ココナッツオイルを塗って終わりです。

家の中にいる時は、ココナッツオイルを塗らないこともあります。
「それで、肌大丈夫なの??」と聞かれることも多いですが
意外と大丈夫です!

お化粧をすると少し痒くなったりするので、お化粧をする機会を減らすのは、肌トラブルを無くすのにとても効果的でした。

手間が減って、朝の支度がとても楽ですし、肌トラブルも無くなり、いいことだらけです。

▼肌トラブルについての記事はこちらから

3 毎日のシャンプーとトリートメント

暮らしをシンプルにする、10のやめてよかったこと

お風呂に入るととっても疲れます。それは、髪の毛を洗う作業が大変だからです。

髪の毛が長いこともあって、時間もかかりますし、腕が疲れます。

そこで、シャンプーとトリートメントをやめました。

やめることができたのは「ヘナ」のおかげです。ヘナで髪の毛を染めるようにしましたが、いろいろなメリットの中に「脂や汚れを取り除く効果があるので、シャンプー不要」というのがあります。

また、ヘナ自体がトリートメントになるのでトリートメントも不要になりました。

また、ヘナには先述した脂や汚れを落とすクレンジング作用だけではなく抗菌作用もありますから、3日~7間位は髪や頭皮が不衛生な状態になる事はありません。

ヘナをする前とした後のシャンプーは不要です:2016年7月27日|ヘナ ファクトリー 十条店のブログ|ホットペッパービューティー (hotpepper.jp)

お湯シャンだけですむのでかなりお風呂が楽になりました。

お湯シャンについては「頭の臭いが気になる」「フケが出る」という口コミもあって、不安に思っていましたが、私は何のトラブルもなく大丈夫でした。

▼ヘナについての動画はこちらから

【美容】美容院代節約!ヘナで自宅ヘアカラー&トリートメント

4 毎日髪形を変える

暮らしをシンプルにする、10のやめてよかったこと

いつも同じ髪形という人も多いと思いますが、私は小さい時から毎日髪形を変えるタイプでした。

三つ編みにしたら、次の日はポニーテールにするとか。
なぜか毎日髪形を変えないといけないと思っていて、朝の支度にとても時間がかかっていました。

髪形を考えるのって、とてもクリエイティビティが要求されるので、考えるのが大変です。

時間もかかって、脳も疲れてしまいます。

髪型をどうするか考えることをやめると、考える時間がなくなるので楽になりました。

男性だとワックスで髪の毛を整えたりしてる人が多いと思いますが、女性でストレートヘアーの人だと朝起きてヘアブラシをすればそれで終わりです。

朝の準備がより、スムーズになりました。

5 毎日違う服を着る

white and black long sleeve shirt

以前、クローゼットに200着も服が入っていて、毎日違う服を着ていました。

選択肢が多いとデメリットがいくつかあります。

・どれを着るか選ぶのが面倒(時間がかかる)
・着心地が悪い服がある など

自分が本当に気に入った服、着心地の良いもので服を何枚か持つようにした方が、考える時間も着心地が悪いというストレスも無くなります。

おしゃれをしたい時のために、ワンピースを1枚持っています。

以前は3着、ワンピースを持っていましたが、おしゃれして出かけたいと思う時が、3日連続で続くことって今のコロナ禍だと中々ないですよね。
なので、1着で十分です。

▼服を減らす方法についての記事はこちらから

6 毎日バッグを変える

暮らしをシンプルにする、10のやめてよかったこと

服を制服化するように、バッグもいつも持つバッグを決めた方が楽です。

バッグを変える時って、中身も入れ替える必要があるので手間がかかりますよね。入れ替える時に「定期券を入れ忘れた」「充電器を忘れた」「物がなくなった」などトラブルが起きやすいです。

私は、バッグとお財布が一緒になったものを持つようにしています。

Amazon | JULLY AND SHUSHU ウォレットショルダー AK-WS (ゴールド) | JULLY AND SHUSHU | 財布
JULLY AND SHUSHU ウォレットショルダー AK-WS (ゴールド)が財布ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

バッグの入れ替えに手間がかかる分、私服の制服化よりも楽になったと効果を感じやすいです。

7 靴を選ぶ

暮らしをシンプルにする、10のやめてよかったこと

以前、30足ほどの靴を持っていました。

女性のヒールは、痛みを伴います。かかとから血が出たり、タコができたり、ウオノメができたり。

毎日履いてると、だんだんと履きやすくはなりますが、ころころと履く靴を変えているとずっと痛いままです。なので、靴もいつも履くものを決めてしまった方が楽です。

私は、いつも履く靴を決めているので、持っているのは3足のみです。

・スニーカー(オールバーズ)
・雨の日用の靴
・サンダル(おしゃれしたい時用)

3足に固定したことによって、選択肢が減って楽になりましたし、足も痛くなりません。

8 とりあえず誘われた飲み会に行く

暮らしをシンプルにする、10のやめてよかったこと

以前は、仲間外れになるかもとか不安で、誘いを断ることができず、誘われた飲み会には予定を組みなおしてまで行っていました。

飲み会はお金もかかりますし、夜遅くまで飲むことになって時間も取られますし、もともとお酒が弱いので翌日、体調が崩れます。

飲み会は時間もお金も健康も取られてしまうので、シンプルな生活をするためには、やめるのがおすすめです。

今はコロナ禍で、飲み会に行く人も減ったと思いますが、飲み会に行かないのはとても気が楽です。

そして、なによりお金も時間も健康も返ってきました。

9 飲み会に誘う、幹事をする

暮らしをシンプルにする、10のやめてよかったこと

幹事が得意だったので、たくさん幹事をしてきました。幹事の経験がある人はわかると思いますが、日程調整して、場所を探して予約するなど、幹事の仕事はとても大変です。

会社の飲み会の時は「偉い人からたくさんお金を取りましょう」という方針がありました。
偉い人は年齢が高いので、子供も大きく学費にお金がかかるとか、家庭の事情でお金が大変な人が多いんですよね。
独身やDINKSの方が実はお金を持っていることも。

なので、偉い人に交渉して攻防することもありました。
本当に幹事は、いろいろと大変ですし、気持ちが疲れます。

なので、幹事をするのをやめました。そして、もともと飲めないので飲みに行く事も減りました。

人と話したいなと思った時は、同じ駅に友達が住んでいるので、週に1度ランチに行くというルーティーンを作りました。

親睦を深めたりするのが飲み会の目的になっていると思うので、私が幹事にならなくても個別でランチしたり、zoomでグループ作って話すとかいろんな方法で、個々に楽しんでもらえればいいかなと思うようになりました。

10 残業をする

暮らしをシンプルにする、10のやめてよかったこと

残業って、やろうと思えばいくらでもできてしまいます。「仕事が終わらないから仕方ない」という人もいると思いますが、残業をすると失うものが多いです。

・夜の時間が減る
・生産性が落ちる
・プライベートな時間が減る

前の会社にいた時は、毎日5時間残業をしていました。
家に帰るともう夜遅いので、シャワーを浴びて寝るくらいしか時間を持つことができませんでした。

質が求められる仕事の場合、限られた時間や物の方が洗練されたものができることが多いです。

時間をかける分いいものができるわけではないので、時間をかけずに生産性を上げて、なるべく残業しないようにするのがおすすめです。

残業をしなかった分、読書をしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、おいしいご飯を食べたり、自分の好きなように時間を使った方が幸せですね。

まとめ シンプルな生活で幸せに

シンプルな生活で幸せに

10のことをやめたら、本当に楽になりました。

お金が貯まって、健康になって、時間が増えました。

いろいろなことがシンプルになったおかげで、自分という存在を確認することも出来ました。

余計なことに時間や考える時間を使わないで済むと、自分なりの時間や幸せが手に入ります。

ぜひ、暮らしをシンプルにしてみてはいかがでしょうか。

▼動画ではさらに体験談を詳細にお話ししているので合わせてチェックしてください

暮らしをシンプルにするためにやめたこと10選

コメント

タイトルとURLをコピーしました