【お金がたまる】やめるべき7つのぜいたく

お金

こんにちは、ミニマリストのゆみにゃんです。

みなさん、普段の生活の中で「ぜいたく」はしていますか?

私は、ぜいたくには「良いぜいたく」と「悪いぜいたく」があると思います。

その中でも、特にお金を貯めるためには、やらないほうがいい7つのぜいたくを今回は紹介します。

この記事を読めば、節約を頑張っているけど、時々ストレスでお金をたくさん使ってしまうという人も、ぜいたくの種類を理解し、マインドを切り替えて、お金がたまる生活を送ることができるようになるでしょう。

▼この記事の動画版もあるので、もし動画で見たい方はこちらからどうぞ

お金を貯める為に絶対にしない贅沢7選!

スポンサーリンク

お金持ちになるためにやめるべき7つのぜいたく

1、築浅の広い家

お金持ちになるためにやめるべき7つの贅沢

物件を探すときに、人によって重視するポイントは違いますよね。私は、「会社から近い」「駅から近い」「立地」「木造以外」を重視しています。この点は、「ぜいたく」になるでしょう。

ただ、重視するポイントでぜいたくをした分、「築年数」と「広さ」を許容しています。

今住んでいる家は、築30年、約20平米で、家賃は6万円です。
以前住んでいた家は、築10年、約30平米で、家賃は12万円程でした。

駅からの距離や、場所はそこまで変わらないのですが、築年と広さがちがうと、家賃に大きく影響します。

これから物件を探すという人は、試しに検索サイトで築年と広さを許容して探してみてください。「こんなに家賃の低い物件があるんだ」と発見があるでしょう。

また、家の広さは家賃に影響するほかに「広いから家具を置きたくなる」という心理にも影響をもたらします。

家具を買いそろえるとなると、また大きな出費ですよね。でも、家が狭いと、そもそも家具が置けないので、無駄な出費を抑えることができます。

インテリアをコーディネートしたいという気持ちはわかります。こんな家にしたいなとか、ここにあの家具を置きたいなと妄想するのはとても楽しいです。

ただ、一人で生活するだけなら、インテリアにこだわらなくても生きていけます。

インテリアにこだわりたくて広い家に住んだとして、買った時は幸せでもその熱はすぐ覚めて、後々「おしゃれだけど高いな」と後悔するでしょう。以前、広い家に住んでいた時の私がそうでした。

お金をためるということで考えたら、広い家に住むことやインテリアなどの一時のぜいたくは捨てて、「築古」「狭い」家に引っ越しをするといいでしょう。

2、新築のマイホーム

お金持ちになるためにやめるべき7つの贅沢

家を購入する場合、「価値の高い、価値が落ちない家」を購入すれば資産になる可能性があります。

ただ、「新築」の場合は資産にするのは難しいかもしれません。

なぜなら、過去の記事でも紹介していますが、新築の家には20%程度の利益が上乗せされているからです。

▼新築を含む住宅費について触れている過去記事はこちらから

<例>
4000万円の家を購入する場合
・20%の業者の利益が上乗せされている=元の値段は3200万円

・仲介手数料、マンションの場合はさらに修繕費、管理費を含めると=合計で6000万円程度

元の価値より、2800万円も損をしています。

住宅購入を検討している際に、営業の人から「賃貸に住むよりも、自分の家のほうが安く済みますよ」と言われますよね。でも、よく考えてみてください。

単純に計算すると、4000万円の住宅で、35年ローンだとすると、月に9.5万円です。

ただ、総額の6000万円で計算すると、35年で、月14.3万円です。

今の賃貸よりも安くなるどころか、高くなる可能性があります。

35年ローンなので、築35年の物件にそこまで払うの?と思いますね。

重い住宅ローンのイラスト

賃貸だったら、古くなったら引っ越せますし、引っ越しが気軽にできるというメリットがありますね。
賃貸がいいのか、マイホームがいいのかという議論もありますが、私は「新築」のマイホームはおすすめしません。

新築のマイホームには数字のマジックがあるので、計算するときは、上乗せ金額も含めた「総額」で落ち着いて計算をしましょう。

無理なローンを組まされて、お金がたまらなくなるので注意してください。

家を購入するときは、中古を検討してみてはいかがでしょうか。

3、車

お金持ちになるためにやめるべき7つの贅沢

私は免許は持っていますが、車は所有していません。

車代などを含めると、車の生涯費用は2000万円を超えると言われています。

軽自動車に一生涯乗り続けるとして、車の費用は「約2700万円」ほどかかる計算です。車の購入費や維持費が一番安いと言われている軽自動車でさえも、かなりの金額が車にかかっていることが分かります。

https://www.goo-net.com/kaitori/kaitori-satei/izihi-gimon/2540/

東京に住んでいると、あまり車の必要性を感じませんが、子供がいるなど必要がある人はレンタカーやカーシャアを利用したり、タクシーのほうがコスパがいいこともあります。

特に土日のカーシェアは子育て世代で多いです。

ただ、地方では車は必要ですね。

地方ほど、車のマウンティングが繰り広げられていると耳にすることがあります。
マウントしだすとキリがありませんよね。

車が必要な人も、マウンティングに参加することなく、新車ではなく中古で購入しましょう。

マウンティングの武器になってしまう可能性があるので、必要でなければ所有しない、購入方法を検討するなどして注意してください。

4、ブランド品

お金持ちになるためにやめるべき7つの贅沢

ブランド品がぜいたくというのは、当たり前の話ですが、ブランド品を購入する人にはいくつかの理由があると思います。

1、マウンティングの武器として購入する

自信がないからブランド品を身に着けて自信をつける、マウンティングのためにブランド品を持つということがあります。

見栄のために、高いブランド品を購入するのは、底なし沼で不幸への入り口です。今すぐやめましょう。

▼ブランド品購入について触れている記事はこちらから

2、リセールバリューがいいので買う

売る前提で購入している人も多いと思いますが、売れるかどうかはブランドと種類によります。

リセールバリューをうまく活用できればいいですが、そもそも、この目的だと新品ではなく中古で買うという考え方ですよね。

20代女性は50代の約2倍も“購入した商品が売れる価格“を意識している傾向であることがわかりました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000000884.html
ブランド品のイラスト

3、品質がいいから買う

ハイブランドのものは品質がいいと耳にすることがありますが、本当にそうでしょうか。

今、ネットではエルメスの45万円のガーデンパーティーが、原価2万円程度であるとの動画が話題になっています。

真相は定かではありませんが、人件費、広告費、流通コストが大部分なので、「品質がいいから」という理由だけでハイブランドのものを買うのは間違っているのではないでしょうか。

とある生地メーカーからプラダが使用しているツイル生地 (トレンチコート等で使う素材) を提案されました。プラダも使用しているということもありクオリティも高く、この生地でコートを作ることにしました。詳細は下記の通りです。生地価格: @900/m (1m 900円)、販売価格: ¥19,800、原価率: 約30%、対してプラダが同じ生地で作ったコートの販売価格は約20万円です。

https://by-wear.com/blogs/stories/why-are-luxury-brands-so-expensive

4、営業マンが武装のために買う

不動産営業、保険の営業マンなど、月に数百万円稼ぐ人が実際にいて、その中には、ブランド品で身を固めている人もいます。

ブランド品でギラギラに武装した営業の人から、ものを購入したり契約したくないと思ってしまいます。
あまりいい印象を抱きませんよね。

一昔前は、「高級なもの=良いもの」という自動思考により、「そんな良いものを身につけている人は優秀な人物に違いない」と思い込んでしまうハロー効果によって、ハイブランド品を身に着けている営業マンは信用されていたでしょう。

しかし、今はハイブランド以外にも「良いもの」は溢れており、ハイブランド品よりも「清潔感」のほうが、営業する上では重要になってくるでしょう。

きれいなスーツを着た男性会社員のイラスト

5、ブランドの歴史に敬意を払う、デザインやブランドが好きなので買う

あるブランドが心から好きで、好きなブランドの品を買うのはいいと思いますが、ブランド品を買うために食費を削っているなど、身分不相応な状態だと、見ていて痛々しいので注意しましょう。

近しい人であれば、その人の経済状況などは何となくわかりますし、無理をしてブランド品を持っていることもわかってしまうので、とても恥ずかしいです。

ブランド品を好きなのはいいことなので、品物を買うのではなく、そのブランドの株を買うということにお金を使ってはどうでしょうか。

これは、以前私がブランド品について話をしたときに、視聴者の方からいただいたコメントで

「ブランド品を買うのはやめました、ただブランド品が人気があるのが分かったので、品物ではなく株を買うように変えました」とありました。

このように、搾取される側から、搾取する側に回っていてとても良いと思いました。

なので、ブランドが好きなのであれば、株を買って消費側ではなくなるという、ターニングポイントにしてみてはいかがでしょうか。

もちろんファッションが好きで、ブランドが好きで買うのは良いぜいたくです。

私もプラダを着た悪魔やSATC、ゴシップガールが大好きですからね。

ただし、高いものですので、自分が本当にお気に入りのものだけにしましょう。

5、ギャンブル

お金を払って、お金をなくすというギャンブルは、ぜいたくというよりもタダの無駄です。

これまでの嫌ブランド品とは全く違います。

期待値計算をしたら、ギャンブルがいかに無駄なのかがよくわかります。

<期待値 80~90%>
・パチンコ・・・長時間拘束されるので、割に合いません。

<期待値 75%>
・競馬
・競輪
・競艇

<期待値 45%>
・宝くじ・・・買った瞬間、半分の価値に下がります。自ら税金をわざわざ納めたということですね。

保険は「不幸の宝くじ」と呼ばれていて、契約した瞬間、営業マンの給料・広告費・店舗の賃料に消えていきます。

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格をとるとわかりますが、解約返戻金が実際の資産です。

飛んで行くお金のイラスト(円)

保険はわざわざ高いものを買わないようにしましょう。

▼保険の必要性について触れている記事はこちらから

お金を払って、お金を消費してしまうのなら、寄付をしたほうが気持ちいいですし、幸せになれますね。

6、たばことお酒

お金持ちになるためにやめるべき7つの贅沢

税金を払って健康を害する「たばこ」と「お酒」へのぜいたくは、いますぐ見直しましょう。

<税金率>
たばこ:60%
お酒:45%

たばこは日本で最も高い税金です。長い間たばこを吸い続けている人は、その分多くの税金を払い、そして体を壊すと、税金以上の医療費がかかるようになります。

たばことお酒をたくさん吸って飲んでいる人は、お金をためるのは難しいです。

そもそも、健康を害する可能性が高く、長生きできません。

以下のサイトでがんの原因が見れますのでぜひ一度確認しましょう。

エビデンスの評価 | 科学的根拠に基づくがんリスク評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究 | 国立がん研究センター がん対策研究所

7、マッサージやエステ

お金持ちになるためにやめるべき7つの贅沢

女性は、マッサージやエステが好きですよね。美容やアパレル用品などと合わせて、男性よりも女性のほうがお金がかかるといわれる理由の一つだと思います。

では、マッサージに1回、いくらかかるか知っていますか?

全国の平均価格:https://jpmarket-conditions.com/6221/?page=ranking

【マッサージ平均価格】※変動します
全国:4,014円
横浜:6,400円
さいたま:5,960円
仙台:5,717円
東京:5,338円

ボディエステ平均価格:https://wamu-gr.co.jp/blog/market-price/

都度払い、月額制、回数制や、プランによってさまざまですが、1回あたりに換算すると、約15000円が平均的な価格だと考えられます。高いですよね。

マッサージやエステに通うのはやめて、保険適応ができる整骨院や、カイロプラクティックに行くようにしましょう。また、普段から運動をすることも大切です。

保険適応されれば、初診料+600円程度ですみます。

マッサージは気持ちがいいので、快楽が癖になってしまう可能性があります。でも、気持ちがいいのは一時的なものなので、体はすぐに戻ります。普段からストレッチをしたり運動をしたほうが効果的です。

エステに通う人の中には、ダイエットと美容目的の人が多いと思いますが、この場合も効果は一時的です。

運動をしたり睡眠をとったり、食生活の改善を一時的にでもしたほうが、体に良いです。

生涯、マッサージやエステに通い続けると、かなりの費用になるので注意しましょう。

まとめ 負債にぜいたくをせず、意味のあるものにお金や時間を使うぜいたくをする

有名な「金持ち父さん、貧乏父さん」の著書にも書かれている文言ですが、お金を生み出さないものは「資産」ではなく、「負債」です。

今まで紹介してきた7つのものを買っていたら、お金はたまらず貧乏になります。

手に入れたものによっては、マウンティング合戦になってしまい、買った瞬間は幸せでも、そのあとは幸せではなくなります。

不幸への入り口をお金を出して買っているのです。

お金を使うのであれば、もっと心から楽しいと思うことに使ってみましょう。

・友達とおいしいランチに行く
・旅行に行く
・ペットを飼うなど

セロトニン(さんぽや自然に触れることで出るホルモン)やオキシトシン(家族やペットと触れ合うことで出るホルモン)がでるような活動をしたほうが、アドレナリン(仕事の成功や買い物などで出るホルモン)と違って、継続しやすいものになっているので長く幸せを感じられるでしょう。

お金をためるのがゴールではなりませんが、幸せになるために必ずしもお金を散在する必要はありませんね。

この記事を読んで、幸せになるぜいたくと、不幸の入り口のぜいたくを見極めることに役立つと幸いです。

▼動画ではさらに体験談を詳細にお話ししているので合わせてチェックしてください

お金を貯める為に絶対にしない贅沢7選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました