貧乏から抜け出すために捨てるべき10のもの

お金

こんにちはミニマリストのゆみにゃんです。

みなさん、自分の家にいくつものがあるか把握していますか?

私はミニマリストを極めているので、トイレットぺーパー1個をカウントしても、家の中には200個ちょっとしかものがありません。

かなり身軽な状態なので、管理コストもかからずとても楽です。

では、ものが多いとどのようなデメリットがあるのかというと・・・

・お金が貯まらない
・時間が浪費される
・管理コストが高い

デメリットのせいで貧乏になる可能性があり、持っているだけで損をしてしまっているものが存在します。

そこで、今回は私が捨ててよかったもの・捨てた方が良い10のものを紹介したいと思います。

この記事を読めば、ものを少なくすることができて、貧乏を回避することができますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼この記事の動画版もあるので、もし動画で見たい方はこちらからどうぞ

【貧乏になる】貯金したい人が今すぐ家から捨てるべきモノ10選

貧乏を回避するために捨てるべき10のもの

1、お気に入りではない服、靴、バッグ

貧乏を回避するために捨てるべき10のもの

クローゼットや靴箱の中を見ると、特にお気に入りではない服・バッグ・靴が入っているという人は多いと思います。トレンドなどもあって、アパレル用品は新しいものが欲しくなりますよね。

手放す枚数よりも購入枚数の方が多く、一年間一回も着られていない服が一人あたり25 着もあります。

環境省_サステナブルファッション (env.go.jp)

お気に入りではないものが目に入ると「あんなに高かったのに、全然この服着ていない」「なんで買ったんだろう」などと落ち込みます。

見るだけで不快になってしまう、お気に入りではないアパレル用品はストレスになってしまうので、思い切って捨ててしまいましょう。捨てれば管理コストもかかりませんし、ストレスになることもありません。

過去記事でも書いていますが、服・靴・バッグはお気に入りのものだけを持つことをおすすめします。

▼服・靴・バッグについて触れている記事はこちらから

2、トイレマット、台所マット、ラグなどの布もの

貧乏を回避するために捨てるべき10のもの

玄関マット、トイレマット、部屋の中にラグを敷いている人も多いと思いますが、布系のものは不衛生の原因になります。

洗えない毛足が長めのラグを使っている場合は、ホコリや小さなゴミ、ダニ、髪の毛などが絡まって、ゴミが溜まりやすいですし、敷きっぱなしにしていると湿気が溜まってカビが生える可能性もあります。

トイレマットは定期的に洗濯をしていると思いますが、洗っていない期間は、はねた尿などで雑菌が増えていて衛生的とは言えません。

他人の家のトレイに入って、トイレマットが敷いてあると「う・・・」と思ってしまいます。

マットやラグがなければ洗濯をする手間もなくなりますし、すぐに汚れたら掃除ができますし、なにもない方が衛生的です。

フローリングの部屋のイラスト

もし、足元が寒いからという理由でマットやラグを敷いているのなら、スリッパを履くようにしてみてはどうでしょうか。

私は100円のスリッパを部屋の中では履いています。100円なので、スリッパが汚くなってきたと思ったら、すぐに捨てて新しいものに買い換えることができます。

家事の時間も減り、衛生状態も保てるので、布系のものはすぐに捨てましょう。

3、読み終わった本、読んでいない本

貧乏を回避するために捨てるべき10のもの

本棚にある本は、すべて読み終わった本で、今後も定期的に読み返す予定だという人はいますか?

女性458人に、雑誌以外で何冊の書籍を所有しているのか尋ねてみました。その結果は以下のとおり。第1位:1~10冊・・・97人(21.20%) 第2位:11~20冊・・・51人(11.1%) 第3位:0冊・・・46人(10.0%)

今、家に何冊の本がありますか?「本の管理方法」を458人に大調査 | kufura(クフラ)小学館公式

読み終わった本を読み返すことはあまりないですし、全く読んでいない本があるという人が大半だと思います。

読んでいない本を見て「これ買ったのに全然読んでいない。もう興味がない」と罪悪感に陥って暗い気持ちになりますし、本を置いているスペースが勿体ないです。

読まない本は、今の自分にはもう必要のないものだと私は考えています。その時々で悩みは変わるので、読んでいない本は必要のないものとして捨てて良いです。

また必要になったら購入したり、図書館で借りたり、電子書籍を購入するようにしましょう。読み終えた本を読み返したくなった時も同様です。

でも、不要な本を一気に捨てるのは大変だと思いますので、その時はブックオフの出張買取を利用するのがおすすめです。

これなら、家に居ながら一気に不要な本を片付けることができます。

読書をすることは、知識を増やして人生を豊かにしてくれるので大切ですが、不要な本を大量に保管して、スペースを無駄にしてしまわないようにしましょう。

4、テレビ

貧乏を回避するために捨てるべき10のもの

最近は、テレビを持たなくなったという人も増えていますね。

テレビがないことで他のことに使える時間が増えるというメリットの他に、私は消費意欲を操られないというメリットもあると思います。

テレビで暗いニュースを流した後に、保険やビールのCMが流れると、よく売れるそうです。なぜか分かりますか?

暗い気持ちにさせて、その後流れるCMを見て「これがあれば大丈夫、幸せになれる」と無意識に考えてしまうので、消費活動が促されるのです。恐怖管理理論を利用したマーケティングですね。

自分もいつかは死ぬ運命にあると意識するとき、人はありとあらゆる誘惑に負けやすくなるそうです。

「恐怖管理」を利用しているCMを見破れ! 一時的に起こる物欲、それ本物ですか? | マネーの達人 (manetatsu.com)

民間のCMが入るテレビはCMの商品をよく売るための道具なので、誘惑に気を付けなくてはいけません。

テレビがなければ、CMを見なくなるので物欲が減ります。暗いニュースや番組を見ることもなく、不安な気持ちになることが減るので、精神衛生的にもテレビを捨てた方が楽になります。

テレビがあると、1日中能動的につけている人が多いと思いますが、その大半はCMですよね。

テレビをなくすと、1日3時間ほど自由な時間を持つことができるでしょう。

その自由な時間を読書をする時間にしたり、友人と会う時間にしたりと有意義なことに使うことができます。

テレビに洗脳されて、暗い気持ちになってものを買ってしまうならテレビは捨ててしまった方がいいです。

5、ソファとローテーブルとこたつ

貧乏を回避するために捨てるべき10のもの

ソファとローテーブルとこたつは、テレビを見るためのものです。テレビを捨てたら、このセットも思い切って捨ててみましょう。

捨てると驚くほど、家の中が広くなるはずです。ものがなくなった分、今より狭い家賃の低い家に引っ越しをすることも可能です。

またテレビ台ではなく、パソコンデスクと椅子を買った方がパソコンを使った仕事でお金を稼ぐことができるようになるので一石二鳥です。

<パソコンを使った仕事の例>
・ブログ
・ライター
・プログラミング
・YouTuber
・その他クラウドソーシングの各種案件

テレビを見てインプットするのではなく、アウトプットにお金を使う方が人生を切り開くことができるので、ぜひライフスタイルと共に部屋の中の見直しをしてみてください。

6、アイロン

貧乏を回避するために捨てるべき10のもの

「毎日、家事にたくさんの時間を費やしている」と自負している人は、どのくらい世の中にいるでしょうか。

「お金持ちになれる黄金の羽の拾い方」という本に「専業主婦は2億円をドブに捨てている」という話があります。

詳しい内容は著書を読んでいただければと思います!

▼ 「お金持ちになれる黄金の羽の拾い方」 についての動画はこちらから

【お金】住宅ローンと生命保険をリストラせよ!お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方①

子供の育児や、健康のための食事作りに時間をかけるのはいいですが、アイロンがけなど、肉体や生活に変化のない家事に時間をかけるのはやめたほうがいいです

服のしわが気になるのであれば、形状記憶のシャツを買えばいいですし、乾燥機能付き洗濯機のしわがつきにくいコースを使用するのもいいと思います。

私のおすすめは、ユニクロのクルーネックTシャツです。
しわになりにくくて、肌触りも良いです。

服をしまう時は、お気に入りの服だけにして数が少なくなっていれば、すべての服をハンガーにかけて収納することもできるので、畳まずにハンガー収納をしましょう。

工夫することで、無駄な家事にかける時間を減らして、子供の育児や趣味、仕事など別の事に時間をかけた方が有意義です。

アイロンがけが好きだという人以外は、アイロンがけは結構手間のかかる家事なので、自由な時間を手に入れるために、思い切って捨ててみてはいかがでしょうか。

7、収納グッズ

貧乏を回避するために捨てるべき10のもの

色んなところから収納グッズは販売されているので、持っている人も多いと思います。

でも、できれば備え付け以外の収納は使わないでください。

私は、元々部屋についているクローゼットしか使用していませんし、唯一使っているクローゼットの中もスカスカ状態にしています。

人は「箱があればものを入れたくなる生き物」なのです。収納グッズがあるから、ものを入れたくなるので、買わないようにしましょう。

それに、収納グッズが必要ということは「ものがたくさんある」ということです。ものが少なければ、収納グッズを買う必要がありません。

また、捨てる時に大きな収納グッズは捨てる方法を考えたり、粗大ごみになって費用が掛かったりと管理コストもかかるので、買おうとしている人は、一旦本当に必要なのか考えてください。

8、空き箱・紙袋・説明書

貧乏を回避するために捨てるべき10のもの

空き箱・紙袋・説明書は場所を取るだけなので、捨ててしまいましょう。

空き箱は売る時に必要だからと取っている人も居ると思いますが、そこまで値段に変動はありません。

ゲオの場合、iPhoneや大半のAndroidスマホは箱や充電器がなくても買い取り価格は変わらない。カバーなどに入れてきれいに使っているスマホなら、多くの場合A査定で買い取ってくれる。

箱や付属品はあった方がいい? ジャンク品でもOK?――スマホ買い取りのポイントをゲオに聞いた(1/2 ページ) – ITmedia Mobile

説明書はネットで検索すればほどんと出てくるので必要ありません。

紙袋も気づけば溜まっていってしまいますが、1つあれば十分なので捨ててしまいましょう。

そして、気を付けたいのが段ボールです。段ボールは虫が湧きます。

どのように虫が発生するのかというと・・・

・カビが発生する
・カビがダニのエサになる
・ダニがクモのエサになる

このような生態系を家の中で作り上げることになってしまうそうです。虫が家の中で大量に発生するなんてことになる前に、今すぐ処分しましょう。

9、複数の食器やマグカップ・カトラリー

貧乏を回避するために捨てるべき10のもの

食器を洗おうとしたときに、ものすごい量の食器があると大変ですよね。

食洗器で洗う場合も、大量の食器があると、食洗器に入れるのに時間がかかりますし、洗い終わったあとに食器棚に戻す時間もかかります。

食器がたくさんあると、どこにどの食器があるのか探す必要があり、管理も大変です。

必要最低限の食器だけにすると、使うたびに洗うことになるので、シンクに食器が溜まることがなくなります。

食器洗いをしているお母さんのイラスト

目安としては

1人暮らしなら、1セット。
2人暮らしなら、2セット。

どの食器がどこにあるのかすぐに分かりますし、食器を洗うことに時間を取られることもないので、とても楽になります。

10、古いスマホ、パソコン

貧乏を回避するために捨てるべき10のもの

昔使っていたスマホ、パソコンを保管している人は多いと思いますが、昔使っていたものは今は使わない不要なものですよね。

将来売るために保管している場合、2年以上古くなると値段が下がりすぎてしまい、リセールバリューはかなり落ちます。

<売れる製品は>アップル製品:下取りよりも、メルカリなどフリマアプリの方が高く売れる。

・グラフィックボード(GPU)が入ったパソコンは高く売れる。

グラフィックボードが入ったパソコンが高く売れる理由は、仮想通貨のマイニングに必要だからです。

マイニングとは日本語で採掘を意味する単語なのですが、仮想通貨の世界ではブロックチェーンの新たなブロックを生成する手伝いをする行為のことをマイニングと呼びます。 ブロックチェーンを運用するにあたって、マイニングは必要不可欠です。 世界中のマイナーが日々マイニングをすることで、ビットコインなどの仮想通貨は円滑に運用されています。

仮想通貨をマイニングするには?やり方と始める前に知りたい注意点 (mynavi.jp)

私は「GeForce」が入っている、ゲーミングパソコンを売りました。
結果、かなり高く売ることができました。

売れる製品が手元にある人は、すぐに適した方法で売りましょう。

また、「データが流出したら怖い」と言って売らない人も居ると思います。

私の知り合いのお父さんは、データの流出を防ぐために、自宅の庭に古いパソコンを置きっぱなしにして「長い間雨に濡らしてデータを壊す」と言っていたそうです。

この行動には、何の意味もありません。このようなことをしている間に、売れなくなりますし、ただの粗大ごみになってしまうので勿体ないです。

粗大ごみでお金をかけて処分するよりも、売れる商品であれば売ってお金にしましょう。

まとめ 不要なものは捨てて、形のないもので人生を豊かにする

不要なものは捨てて、形のないもので人生を豊かにする

不要なものがあると、大切なお金や時間や心の余裕が減ってしまいます。

昔は「ものが多い方がいい」という価値観がありましたが、これはものがない戦後間もない頃の価値観が残っていたのだと思います。

今は、ものよりも「人生を豊かにしてくれるもの」はたくさんありますよね。

もので自分を豊かにしようという価値観を持っている人がいたら、その価値観はものと一緒に捨ててしまいましょう。

ものを買うのは簡単ですが、捨てる時は曜日が決まっていたり、捨て方が決まっていたりして手間もかかりますので、なるべく増やさない方が楽です。

一度、頑張ってものを捨ててしまえば、管理に追われる状態から抜け出して、自分の大切な人と過ごす時間や趣味に使って、読書や人生を豊かにしてくれる」形のないものに時間を使うようにしてみましょう。

この記事を読み終わったら、早速家の中にある不要なものを捨ててみてくださいね。

▼動画ではさらに体験談を詳細にお話ししているので合わせてチェックしてください

【貧乏になる】貯金したい人が今すぐ家から捨てるべきモノ10選

コメント

タイトルとURLをコピーしました